美容室で店員と客

シャンプーについて

シャンプーとは頭髪又は頭皮を洗うための頭の石鹸です。実は水洗いだけで頭の脂はほとんど取れていると言われており、あくまでケアの一環(マッサージ)だと言われています。使うのは人間だけでなくペット用の製品も発売されています。

シャンプーは現在に至るまでに数多くの商品が世に出ていますが、そに伴いその効力も上がり香りまでにこだわるようになり、ただ頭を洗う用途だけでなく清潔感の持続など良い意味で歴史を変えて来ていることが嬉しい限りです。

シャンプーの製造法
シャンプーには数多くの原料が含まれていますが、性質上取扱いに注意しなければならないものもあり、単純に全ての原料を一括で混合すればいいというものではありません。

だいたいの流れとしては、蒸気に弱い粉末の高分子を最初に常温の水に投入し、徐々に温度を上げながら完全に分散させます。他の原料を加え、所定の温度で完全に均一になるまで混合した後、温度を下げ、高温に弱いエキス類や香料を添加します。これらの工程は全て雑菌などが混入しないよう管理された環境下で行われます。

シャンプーの効果
シャンプーの効果は、髪の毛を綺麗にすること、頭皮の汚れを落とすことだけではなく、髪の毛のケアをすることもできるような効果があります。

美容室でヘアカラーなどをした場合には、髪の毛をケアにすることができるシャンプーを使用していますので、髪の毛をケアすることに最適となっています。

髪の毛や頭皮を綺麗にするだけでなく、ケアをすることができる効果がありますので、傷んだ髪の毛にも効果を発揮することができるようになっています。

美容室の看板

ヘアカラーとは

染毛料やブリーチなど、髪の色を変えるものを総称してヘアカラーと呼びます。

染毛製品の種類には永久染毛、半永久染毛、一時染毛があります。

永久染毛は酸化染毛とも呼ばれ、体質によりアレルギー反応を起こす可能性があるため、使用毎にパッチテストを行う必要があります。

ヘアスプレーに顔料を混ぜたカラースプレーや、カラーマスカラを利用する方法もあり、この場合、一回のシャンプーで色素を落とすことができます。

美容室で染毛してもらう他、自宅で染毛製品を用いて自分で染毛する方法もあります。

ヘアカラーの種類
ヘアカラーはph濃度に応じて種類が分かれています。

濃度8.5以上のものがアルカリタイプであり、通常のヘアカラーのほとんどが該当します。一度漂白するので明るい色から暗い色まで表現可能ですが、キューティクルを無理に開くため髪へのダメージは大きいです。

濃度7~8.5のものは微アルカリタイプで、キューティクルへのダメージが少なくなる代わりにブリーチ力が弱いため、明るい色は表現しにくいです。

濃度7未満は弱酸性タイプであり、ブリーチ力がほとんどなく、濃いブラックやブラウンなどにほぼ限定されます。

ヘアカラーの効果
ヘアカラーの効果を長持ちさせ色落ちを防ぐためには、シャンプーにおいていくつかの注意点があります。

薬剤でキューティクルを開き、髪の内部に色を入れるのがヘアカラーです。その為美容室で施術が終わっても当日はまだキューティクルは開いた状態のままなので、カラーを長持ちさせるためには洗髪は控えたほうがいいと言えます。

また、ラウリル硫酸、ラウエス硫酸と書かれているものはカラーを褪色させてしまいますので、避けたほうが良いです。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031